カマグラゴールドを通販する前に!知っておきたい個人輸入のこと

カマグラゴールドは海外医薬品で日本国内では未承認の薬。したがって個人輸入という方法以外では入手することができません

海外医薬品といったワードがチラついて、危険な橋を渡るかのようなイメージが拭えない個人輸入。しかし実際はすごくシンプルなしくみで難しいことはほとんどありません。

これからカマグラゴールドを個人輸入で入手するという方は必見!購入前に重要なポイントを押さえておきましょう。

カマグラゴールドを通販するまえに知っておきたい個人輸入のこと

個人輸入で押さえておくべき重要なポイントは、個人輸入のルール、メリットとデメリットであるリスクを押さえておくこと。

ルールを覚えるのはもちろん、メリットとデメリットも合わせて知っておくことで個人輸入の特性を理解することができます。

まずは個人輸入のルールについて覚えていきましょう。

カマグラゴールドの個人輸入は3つのルールを押さえておこう!

【1】自分のために使うこと!

個人輸入は個人利用の範囲でのみ許可されていて、他人への譲渡や販売などは禁止されています。

つまり、自分には合わなかったからメルカリで転売する、仲のいい友達におすそわけをするといったこともNG。

この場合、ゆずる側だけでなくもらった側も処罰を受ける可能性があるので、相手を被害者にしないためにもルールを守りましょう。

【2】1度に買える量は1カ月分まで!

厚生労働省が定める規定により、輸入の品目によって1度に買える量に制限があります。下の表を見てみましょう。

◆外用剤 標準サイズで1品目24個以内
◆毒薬、劇薬または処方せん薬 用法用量から見て1ヶ月以内
◆上記以外 用法用量から見て2ヶ月以内

カマグラゴールドは処方せん薬にあたるので、1度に購入できる量は1カ月分までとなります。

1カ月分だと少ないように感じるかもしれませんが、海外規格のカマグラゴールドは1回の服用で~50mgまでが目安とされ、1錠丸々飲むことはほとんどありません。

つまり1回の服用で半分もしくは1/4の量しか飲まないので、1カ月分とはいっても実質2~2,5ヶ月分はあります。

商業目的だと疑われて税関で止められるリスクを避けるようにし、ルールに沿った量を守るようにしましょう。

【3】違法な薬物の購入はダメ!ゼッタイ!

麻薬や大麻などの輸入が禁止されているのはもちろん、その他の指定薬物などもNGとなります。

カマグラゴールドを取り扱う通販サイトで購入できるわけではありませんが、念のため知識として覚えておくようにしましょう。

カマグラゴールドを個人輸入で入手するメリットとは?

カマグラゴールドを個人輸入で入手するメリットをまとめてみました。

◆処方せんが不要で医薬品を買えるから通院する必要がなくなる

海外から医薬品を購入する際、本来は必要な処方せんが不要になります。

したがって通院も不要になり、病院までの往復時間や待ち時間といった時間が丸々浮くことに。

病院や道路の混み状況にもよりますが、自宅を出て帰宅するまでに2~3時間かかるのはザラ。

その浮いた時間で自分の好きなことができるようになるので、ED治療=キツイものというイメージを取り払うことができます。

◆先発薬より安価なジェネリックを買えるからED治療にかける費用を大幅にカットできる

日本で取り扱われるED治療薬はほとんどが先発薬と呼ばれる高価な薬で、ジェネリックに比べて価格が3倍近くもします。

対して海外医薬品はカマグラゴールドのように安価な医薬品が充実していて、商品を自由に選べることから経済的な負担を大きく減らせます。

経済的な負担は精神的な不安にもつながるので、なるべく安く抑えられるに越したことはないでしょう。

◆自由なED治療ができるようになる!

まとめると、カマグラゴールドを個人輸入で入手することによって、時間やお金に拘束されずに自由なED治療ができるようになります

これまではED治療=通院が常識という考え方が一般的でしたが、今となっては個人輸入でED治療薬を入手するというのもベーシックになりつつあります。

カマグラゴールドの個人輸入リスクとは?

カマグラゴールドの個人輸入には少なからずリスクがあるのも事実で、実情を知った上で対策をする必要があります。

そのリスクとは偽物を買って飲んでしまうことによる健康被害がもっとも恐ろしいもの。

インターネット上で流通するED治療薬の40%は偽物だったという大手製薬メーカーからの発表があり、カマグラゴールドを購入する通販サイト選びはかなり重要です。

信頼できる通販サイト選びについてはこちらで解説しているので、必ず購入前に読むようにしておいてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする