カマグラゴールドがEDに効くわけ~EDはなんで起こる?~

EDになってしまった男性
カマグラゴールドはED治療薬の1つとして支持されているお薬です。どんなEDにも効くのか?逆に、EDじゃない人が使っても効果は無い?など、疑問を持つ人もいるはず。

そこで、ここではカマグラゴールドが性器にどのようにはたらきかけるのかといった成分の説明や、EDになった体はどうなっているのかを説明していきます。

EDになってしまう原因もまとめているので、心当たりのある方はチェックしてみましょう。

カマグラゴールドの有効成分「シルデナフィル」が強力!

シルデナフィルは強い勃起が期待できる
カマグラゴールドがEDに効く理由、それは有効成分のシルデナフィルに隠されていました。

シルデナフィルは、勃起を妨げる酵素「PDE5」のはたらきを防いで勃起を促します。

そもそも、勃起はどのようにして起こるのでしょうか?体の仕組みを説明していきましょう。

勃起は性的刺激による神経の伝達がカギとなる

勃起する条件
勃起は3つのはたらきが成立して起こります。

・脳が性的刺激を受けて興奮する
・性的刺激が神経をつたって男性器に届く
・性器の血流量が上がり、性器海綿体に血液が流れ込んで硬く大きくなる

ED治療は、特に2番目に注目しておこなわれます。
神経の伝達には勃起を促す「サイクリックGMP」と呼ばれる物質と勃起を抑制するPDE5のバランスが重要です。

神経の伝達がうまくいかない場合はPDE5が強い状態になっています。

サイクリックGMPのはたらきを強めて勃起させるためには、PDE5のはたらきを抑制するシルデナフィルが有効というわけです。

EDには種類がある

EDには種類がある
EDには「器質性ED」、「心因性ED」、「薬剤性ED」の3種類に分けられます。

器質性EDとは、身体や内臓の機能が衰えたり、機能障害をきたすことで起こるものです。
高血圧の方や肥満気味の方、運動不足など日頃の生活習慣の乱れが原因であることがほとんどです。

心因性EDとは、体は健康でも心に強いストレスを抱えていたり、性交に対するプレッシャーやコンプレックスなどメンタルが不調になることで起こります。
近年急増しており、若い男性にも患者さんが増えているのが特徴です。

薬剤性EDとは、病気を治療するために飲んでいる薬の副作用によって起こるものです。
降圧剤や抗うつ剤などを飲んでいる方に多いEDです。

また、器質性と心因性どちらにも当てはまる混合性EDというものもあるので覚えておきましょう。
これらの症状に当てはまっているかを知っておくことで、薬以外でもEDの改善策を立てられそうですね。

カマグラゴールドには3つのEDに有効にはたらく

カマグラゴールドは3つのEDに有効に働く
カマグラゴールドは、器質性・心因性・混合性EDのどちらにも有効なED治療薬です。

神経の伝達に必要な成分のはたらきをサポートしてくれるので、体力が続かない方や性行為に自信がなくなった方でもしっかりと持続します。

ただ、一度飲んで症状が改善するわけではないので、お薬でED治療をしたいと考えている場合は長期的に服用し続けることが大切です。

EDじゃない人が使っても大丈夫?

EDではない人でもカマグラゴールドは使える?
カマグラゴールドはED治療薬の一種ですが、EDではない方でも服用することができます。

より強い勃起を求める方や、パートナーをもっと喜ばせたいという場合は服用することで普段以上の勃起が期待できるのです。
正常に勃起する方が服用する場合、シルデナフィルの量が多いと体調を崩す可能性があるので、少量での服用を心がけましょう。

EDは改善できる!原因と対策を知ってよりよい治療を

ED治療薬で無理なくED治療
カマグラゴールドが体にどう働きかけるのか、EDの原因と種類などについて解説しました。
EDは誰もがなりうる病気で、比較的治療しやすい症状です。

しかし、ED治療薬だけに頼っては一時的な効果だけで満足してしまいます。
根本的な改善には原因を知って適切な対策をしていくことが大切。
ED治療薬はあくまでも、男としての自信を取り戻すサポート役と考えるべきでしょう。

また、カマグラゴールドはEDではない方でも使えるお薬なので、性生活を充実させるための強力な手段として活用してみても良いかもしれませんね。

ED治療との向き合い方や考え方は利用者によってさまざまです。
自分にとって続けやすいED治療を探すためにも、治療薬の1つとしてカマグラゴールドを試してみてはいかがでしょうか?

TOPページに戻る

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする