カマグラゴールドを飲んで頭痛が…これって副作用?対策は?

カマグラゴールドを買って飲んではみたものの頭痛が…もしかして偽物を飲んでしまった?と直感的に思ってしまいますよね。

実はカマグラゴールドを飲んで頭痛が起こるのは珍しくなく、ほかにも顔のほてりや熱っぽさなども起こったりします

果たしてなぜカマグラゴールドを飲むと勃起の効果だけではなく頭痛なども起こるのか?その謎を解明していきましょう。

カマグラゴールドを飲んで頭痛が…これって副作用?

カマグラゴールドを飲むことで起こる頭痛やほかの諸症状などは、有効成分のシルデナフィルの働きによって起こる副作用だとされています。

カマグラゴールドは勃起のジャマとなる酵素を阻害し、ペニスへの血流量を増やすことでEDを改善します。

しかし局所的に改善をしているわけではないので、血管に関わりのある部分にも影響が出る。これが効果の代償でもある副作用だということ

副作用=悪いものみたいなイメージがありますが、実は必ずしもそうではなく、しっかりカマグラゴールドの効き目が出ているという証でもあるのです。

副作用が起こるのは有効成分が効いている証?

カマグラゴールドの副作用が起こる確率は90%だとされていて、これから使おうと思っている方にはあまり響きが良くないかもしれません。

しかし副作用が起こるということは同時に効果も発揮できている証でもあるので、それだけ効果が出やすいという意味でもあります。

カマグラゴールドの副作用は頭痛以外には何がある?

カマグラゴールドを飲むことで起こる副作用は頭痛とほてりがツートップ。他はめったに発症しません。

カマグラゴールドの主な副作用とは?

・頭痛
・ほてり
・消化不良
・鼻づまり
・めまい

>>シルデナフィルの主な副作用

頭痛やほてり以外の副作用に関してはほとんどが発症率が0%を下回り、消化不良やめまいだと0.64%とほぼ発症しないレベル

もし副作用を発症したとしてもその症状は一過性のものなので、1~2時間もあれば落ち着いてきます。

もしその時間を超えることがあっても、カマグラゴールドの作用時間である6時間を超えることはありません。

したがって、仮にその後の予定があったとしても安心して服用することができます。

カマグラゴールドの副作用対策ベスト3

それでもやっぱりカマグラゴールドの副作用が気になる…といった方に副作用の対策方法を3つお教えします。

カマグラゴールドの服用量を減らす

もっとも簡単でシンプルな副作用の対策方法はカマグラゴールドの服用量を減らすということ。つまり錠剤をカットして飲みましょうということです。

自分に合った成分量ではない場合、効果以上に副作用を感じてしまっている可能性があり、身体の負担的にもあまり良くありません。

カマグラゴールドは50mgもしくは100mgの2種類ですが、いずれもそのまま飲んでしまうのはちょっとリスキー。

というのもカマグラゴールドは海外規格で有効成分の含有量が多め。体型が比較的小柄な日本人は25mgから試すのが良いとされています。

そんな量で効果は出るの?と思われるかもしれませんが、BMI指数で~25未満で普通の体型であればほぼほぼ効くでしょう。

まず初めは25mgから始めてみて、それで効果がなければ50mg~と段階的に増やすようにしましょう。

鎮痛剤を併用する

一定時間待っても良くなりそうな感じがしない…。そんな方には鎮痛剤の服用をオススメします。

カマグラゴールドには併用注意、併用禁忌薬などといったものがありますが、市販のバファリンやロキソニンといった鎮痛剤の併用は可能。

カマグラゴールドの勃起作用はそのままに、頭痛などのツラい副作用だけ制御することができます。

セックスを中断して休む

カマグラゴールドの副作用があまりにもキツければ素直に休む。これに尽きます。

セックスは1回につき15分ほどの有酸素運動と同等の消費量なので、無理して続けると余計に血行を良くして副作用を悪化させるリスクも

したがってセックスに集中することができず、感度も鈍り、勃ちも悪くなってしまうという負のループになってしまうのも珍しくありません。

そうなるよりは、一時的にセックスを中断して、休憩をはさんで体調が落ち着いてから再開するほうが100倍いいわけです。

そのときに重要なのが女性へのフォローも忘れないこと!自分の症状を素直に伝えて、理解してもらうことも必要です。

ED治療は「自分のペースで無理なく」がコツ

カマグラゴールドは飲めば飲むほど勃ちが良くなりますが、自分の体質にあった量で飲むというのが基本。

ED治療は基本的に長引くことが多いので、毎回無理をしていては続くものも続きません。

EDを完治させるため、できるだけ早く自分のペースを掴み、それを維持できるようにしましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする